海外旅行でのトラブルと文化の違い

近年では海外旅行に行ったことがないという方のほうが少なくなってきています。

日本の航空会社だけでなく、海外の航空会社が羽田空港、名古屋、関西、福岡の空港に就航している事で日本から海外へのアクセスが良くなっているのも理由の一つです。
海外旅行へ行くという事は日本人が外国の文化や芸術、習慣などに触れる良い機会で、外国の刺激をうけて、これからの日本を考えるという意味でも素晴らしい経験です。
しかしながら、外国のマナーと日本のマナーは大変異なりますし、国によっても宗教によっても異なりますから、旅先で困った事になる方も多いと思います。


なばなの里の情報検索ができます。

例えば、ヒンドゥー教の方と握手する際に左手を出してしまい、怒りをかってしまったり、イスラム教の方を指差して怒りをかってしまったりした経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

福岡発の東京情報はこのサイトにおまかせ下さい。

ヒンドゥー教にとって左手は不浄の手ですから、そんな手で握手を求めてしまうと、ヒンドゥー教の方は馬鹿にされたと思い怒ってしまうのも当然の事です。
こういった事は宗教上の問題ですが、相手の宗教を知らなかった事によるマナー違反です。

海外旅行でこういった失敗をしてしまわない為にも旅先の国の宗教をしっかりと把握し、宗教上のタブーまで調べておくとトラブルも回避出来ます。

そして、相手の文化を知る事で、旅行先で友人を作る事も可能です。


なばな情報は信頼性が高く、好評です。

言葉の壁はありますが、ジェスチャーなどで意思疎通を行って仲良くなってしまう方も多いですから、そういった旅行の楽しみ方も良いものです。

世界遺産を訪れたり、その地域の料理を楽しんだり、趣味を聞かれた時に旅行と答える方は多いでしょう。

一言な旅行と言っても近場の日帰り旅行、電車に乗ることを目的とした旅行など様々です。

思い切って飛行機に乗り、海外旅行が好きで、年間で何回も各国を飛び回る方もいるでしょう。

自分の生活環境から未知の文化が開かれるのは、海外旅行ならではです。
国が違えば、言葉、建築物、食、宗教、時間の流れる感覚の違いが肌で感じ取れます。
新しい環境に飛び込む勇気も必要ですが、何よりもそれまであった価値観を変えるきっかけにもなります。

必ずしも海外旅行に行かなければ得られる『気付き』ではありませんが、感受性の豊かな若い時に経験すると影響が大きいでしょう。

世界にはまだまだ知らなかった現実、見たこともない生き物たち、カルチャーショックを受けざるを得ないことがたくさんあります。それは、人生に与えるスパイスのような存在でもあります。

日本では、その時その時の出会いを大切にとする意味の、一期一会という素敵なことわざがあります。

大井ふ頭中央海浜公園でバーベキューなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

訪れた観光地で出逢う人々との触れ合いや、文化の違いによって起こったちょっとしたハプニングですらも、海外旅行の思い出となります。旅行から帰って来た時、「やっぱり我が家が一番」と感じることがあるでしょう。


それは、非現実から現実、つまり安心する所へ戻ったからです。

静岡へおでかけの価値ある情報を探してみてください。

日本という国の良さを改めて実感することが出来るのも、海外旅行の醍醐味の一つです。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20160516-OYT8T50011.html
http://www.asahi.com/sp/and_M/information/pressrelease/CPRT201614870.html
http://matome.naver.jp/odai/2135084681153811001